ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書

ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書大好評「ハッカーの学校」第5弾。生活にとけこみ、家電機器を便利にするIoT技術。 Webカメラなど、便利の裏側に潜むセキュリティの危険性をハッキングで検証。
専門家がパケットキャプチャからハードウェアハッキングまで、その攻撃と防御を徹底解説。


タイトル ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書
著者 黒林檎/著 村島 正浩/著
ISBN 978-4-7817-0236-0
定価 定価(本体2800円+税)
判型 四六判
発売 2018年7月19日より全国の書店で発売
内容 生活に溶け込み家電機器を便利にするIoT技術。Webカメラなど便利の裏側に潜むセキュリティの危険性をハッキングで検証。専門家がパケットキャプチャからハードウェアハッキングまで、その攻撃と防御を徹底解説。

目次 1章:IoTの基礎
2章:環境構築
3章:IoTセキュリティの診断基準
4章:IoTに関連したシステムのハッキング
5章:UARTのハッキング
6章:SPIのハッキング
7章:JTAGのハッキング
8章:IoTのペネトレーションテスト
予約 Amazonで予約受付中→IoTハッキングの教科書
公式サイト 詳しい内容は公式サイトで公開しています。 『ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書』公式サイト
ネット通販 楽天ブックス アマゾン
おすすめ ハッカーの学校 | ハッキング実験室 | 鍵開けの教科書 | 個人情報調査の教科書<第2版>