ハッカーの学校 ハッキング実験室

ハッカーの学校 ハッキング実験室 ベストセラー『ハッカーの学校』第4弾は、SNSを利用した自動アカウント生成、キーロガー通信隠蔽、フィッシングサイト作成、ボットネット通信隠蔽など、APIを使用せずに動作させる実験を行いながら学ぶプログラミング書籍です。


タイトル ハッカーの学校 ハッキング実験室
著者 黒林檎(くろりんご)/著
ISBN 978-4-7817-0227-8
定価 定価(本体2800円+税)
判型 A5判
発売 2017年4月13日より全国の書店で発売予定
購入 amazonで購入→『ハッカーの学校 ハッキング実験室』購入する
内容 ベストセラー『ハッカーの学校』第4弾は、SNSを利用した自動アカウント生成、キーロガー通信隠蔽、フィッシングサイト作成、ボットネット通信隠蔽など、APIを使用せずに動作させる実験を行いながら学ぶプログラミング書籍です。
本書はWindows7のPCを用い、VMware、Ubuntu環境を構築し、Python(2系)をベースに巻末に記載されたソースコードを実際に記述しながら改変を加えていく流れでハッキングに必要とされるプログラミングの基礎が学べます。
著者 黒林檎(クロリンゴ)1995年生まれ。関西出身。マルウェアやIoTのハッキングなどを研究中。
著者 『ハッカーの学校 ハッキング実験室』公式サイトです→http://ruffnex.net/kuroringo/TwitterHack/
ネット通販 アマゾン セブンネットショッピング ネットストア[ Honto ] 楽天ブックス
おすすめ ハッカーの学校 | 個人情報調査の教科書 | 鍵開けの教科書