ハッカーの学校 サイバー攻撃の教科書

ハッカーの学校 サイバー攻撃の教科書SNS、電子メール、Webサイト、Webカメラ、入退室用IDカード、自動車のキーなどを狙う最先端のサイバー攻撃。 これらサイバー攻撃の脅威をセキュリティ診断の専門家がハッカー目線で幅広く解説。


タイトル サイバー攻撃の教科書(ハッカーの学校)
著者 中村行宏/著
ISBN 978-4-7817-0238-4
定価 定価(本体3000円+税)
判型 A5判
発売 2019年4月5日より全国の書店で発売
内容 SNS、電子メール、Webサイト、Webカメラ、入退室用IDカード、自動車のキーなどを狙う最先端のサイバー攻撃。 これらサイバー攻撃の脅威をセキュリティ診断の専門家がハッカー目線で幅広く解説。 著者について

目次 第1章 サイバー攻撃の基礎知識
第2章 サイバー攻撃に必要な環境構築
第3章 Metasploit(メタスプロイト)の利用
第4章 Armitage(アーミテージ)の利用
第5章 Windowsのハッキング
第6章 ウイルス対策ソフトの回避
第7章 ランサムウェア(WannaCry)への感染
第8章 SET(Social-EngineeringToolkit)の利用
第9章 XSS(Cross Site Scripting)&SQL Injectionの利用
第10章 IoTのハッキング
第11章 スマートキーのハッキング
第12章 RFIDのハッキング
第13章 SNSのハッキング
第14章 情報収集の利用
第15章 ハッキングスキルの向上
アマゾンで予約してます Amazonで予約中→サイバー攻撃の教科書
公式サイト 詳しい内容は公式サイトで公開しています。 ※準備中『ハッカーの学校 サイバー攻撃の教科書』公式サイト
ネット通販 楽天ブックス アマゾン
おすすめ ハッカーの学校 | ハッキング実験室 | 鍵開けの教科書 <第2版> | IoTハッキングの教科書 <第2版> | 個人情報調査の教科書<第2版>